• ホーム
  • ED薬の中でのレビトラの位置付け

ED薬の中でのレビトラの位置付け

丸い錠剤と瓶

ED治療薬の中でもレビトラの位置づけというのは、薬を服用してから性行為を行うまでの時間があまり取れない場合、服用してから効果が現れるまでが出来るだけ短いという場合に適していると言われています。
それはレビトラの箱などに書かれている炎のマークにも示されていて、このマークはマッチの炎であってマッチは擦るとすぐに火が付きますが、それと同じように服用するとすぐに効果が出てくるという事を意味しているのです。
一番最初に登場したED治療薬が食事の影響を大きく受ける事が不満点の一つとして挙げられていて、それに対してレビトラは食事の影響を受けにくいという事でも知られていますが、誤解しないでほしいのは食事の影響が無いという訳では無いのです。
食事の中に含まれている脂質が薬の吸収を妨げるのですが、それはレビトラでも同じであって最大限に効果を発揮させたいのであればやはり空腹時に服用するのが望ましいです。
レビトラは性行為を行う1時間程度前に服用するのが良いのですが、空腹時に服用すれば20分程度で効果が出てくると言われているのです。
それではどうしてレビトラは他のED治療薬と比べて効果が出るまでの時間が短くて済むのかというと、レビトラの有効成分であるバルデナフィルが他のED治療薬の有効成分よりも水に溶けやすいという性質が大きく関わっています。
その性質があるが故に最高血中濃度への到達時間が短くなっていて、服用してから効果が出るまでの時間が短いという特徴となっているのです。
どのED治療薬があっているのかはその時の状況や個人の体質によるところも大きいので、ここではレビトラの大きな特徴について説明をしましたが、この事を踏まえた上で他のED治療薬と比較して適している物を選んだ方が良いです。

関連記事