• ホーム
  • レビトラやフィンペシア薬品はパートナーの理解も必要

レビトラやフィンペシア薬品はパートナーの理解も必要

白い錠剤

男女兼用の医薬品もありますが、どちらにしか使うことができない医薬品もあります。
レビトラやフィンペシアもそれに分類される医薬品です。
レビトラは有名なバイアグラの後に出てきた医薬品であり、効果が出るのが早く、軽食であれば食事をした後も服用することができるタイプのED治療薬です。
フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品の扱いになっており、男性型脱毛症の治療に欠かせない男性ホルモンの産生を阻害する医薬品です。
どちらもお付き合いしているパートナーの理解が必要になります。


レビトラは男性が服用することで勃起不全を改善する医薬品になり、女性も服用することが可能です。
女性が服用した場合は血液の促進が高まり、また女性器の血流も高まることで感度が高くなると言われています。
ただしED治療薬自体持病がある人は禁忌されている医薬品であり、そもそも男性が服用する医薬品ですので、避けた方が無難です。
ただパートナーの理解があって服用するようにしましょう。
性行為は心臓に負担をかけ、レビトラは血液の促進を図るために血管の拡張を行っています。
発作が起きる確率が若干高まっています。
ED治療薬を服用して性行為をする場合は、パートナーにそれを伝えておきましょう。
ED治療薬を服用し、発作が起きるとその後の治療方針が異なります。
緊急搬送されたときはその情報が必要になりますので、必ずパートナーに伝えておくようにしましょう。


またフィンペシアは女性が服用できない医薬品であり、触れることも禁止されています。
妊娠している場合は胎児に影響を及ぼす可能性がありますので、取り扱いには注意が必要です。
一緒に暮らしているパートナーが触れることがないように注意を払うようにしてください。
なお子作りには悪影響はないとされています。

関連記事
人気記事一覧